ビリケンちゃんおでかけ依頼

  • 画面サイズ
  • 元に戻す
  • 拡大する

ビリケンさんの歴史

世界中で愛されて百年

二代目ビリケン象・初代ビリケン象・ビリケン像内部のビリ金さん

ビリケンさんは通天閣観光が所有する資料によると、誕生は1908(明治41)年。作者は米国の女性芸術家、フローレンス・プリッツ(E・I・ホースマン)、当時の大統領のウィリアム・ハワード・タフトのウィリアムの愛称「ビリー」に、小さいを表す接尾語「-ken」を加えたのが名前の由来とされる。しかし、異論も多数。当時の認識では、足を突き出す座り方はアフリカ人、顔立ちは東洋人がモデルで、足の裏をかいて笑えば願いがかなう福の神とされた。日本への輸入は明治42年から翌年にかけて。家内和合、商売繁盛の神として日本中の花街を中心に流行したという。

初代ビリケンさんが大阪に登場したのは明治45(1912)年。新世界に通天閣とともに開業した遊園地「ルナパーク」にあったホワイトタワー内に設けられた「ビリケン堂」で展示されていたという。

昭和54年に二代目ビリケンさんが登場。通天閣の展望台に鎮座し、御利益があるとして〝足の裏〟をなでる人が後を絶たず〝足の裏〟のすり減りなどが進んだため、平成24年5月、通天閣並びに新世界100周年を記念して新たに三代目ビリケンさんが新調された。三代目ビリケンさんの中には金のビリケンさんでビリ金さんも納められている。

ビリケンと通天閣

通天閣の展望台で、真っ先に迎えてくれるのが、幸運の神様、「ビリケン」さん。笑っているのか怒っているのか。不思議な表情と、愛嬌あるポーズが人気で、いつもお願いする人が絶えません。
通天閣にビリケンがやってきたのは、1912年(明治45年)のこと。新世界の遊園地ルナパークにビリケン堂が造られ、当時流行していたビリケン像が奉られ、新世界の名物になりました。
しかしビリケン像はルナパークの閉鎖とともに行方不明になってしましました。
時は変わって1979年(昭和54年)、通天閣に「通天閣ふれあい広場」をつくる際、かつて通天閣の名物であったビリケンを復活させることになり、1949年(昭和24年)に田村駒が作っていたビリケン像を通天閣に貸し出し、盛大なイベントが行われたのです。
またそれをモデルに作られたのが二代目のビリケンであり、新世界に「お里帰り」したのでした。

現在の通天閣と、創建当時の通天閣
今も田村駒で販売している綿100%のモスリン生地「ビリケンモス」

ビリケンと田村駒

明治末期のこと、繊維専門商社の田村駒、創業者の田村駒治郎がビリケンさんを会社の福の神として崇め奉り、商品の向上発展とお得意先皆様の商売繁盛を祈念し、代表的な商標として、「ビリケン」を使用して以来、ビリケンさんは田村駒のシンボルとして、田村駒の社員、取引先等多くの方から愛されてきました。

現在も大阪本社、東京支社それぞれにビリケン像が安置され、田村駒とお取引先様の商売繁盛を見守ってくれています。