ビリケンちゃんおでかけ依頼

  • 画面サイズ
  • 元に戻す
  • 拡大する

ビリケンさんの紹介

あなたはビリケンさんを知っていますか?

愛嬌のある顔と足を投げ出して座ったふてぶてしい姿。ご存知の方も多いと思います。
「あ、知ってる!大阪の妖怪だっけ?」なんていう方も結構多いかもしれませんが、実はビリケンさん、れっきとした神様なんです。
大阪の通天閣に置かれた木像が有名ですが、ビリケンさんは庶民の味方として、古くから世界中で愛されてきたのです。
あなたの知らないビリケンさんのこと、少しだけご紹介します。きっとあなたもビリケンさんに逢いたくなるはずです。

アメリカ・セントルイス大学のビリケン像

意外にもアメリカ生まれ

その発祥には諸説ありますが、1908年、アメリカの女性芸術家 フローレンス・プリッツが「夢の中で見た神様」をモデルとし制作した作品が起源と言われています。
その後、シカゴの企業・ビリケンカンパニーが、ビリケン像などを制作、販売し、「幸福の神様」として全世界に知れ渡りました。

2012年にお目見えした通天閣の三代目ビリケン像

明治時代に大阪にやってきた

1911( 明治44) 年、大阪の繊維会社・神田屋田村商店(現・田村駒)が商標登録を行い、1912 年、大阪・通天閣に併設された遊園地「ルナパーク」にビリケン堂が作られます。
以来、火災や戦禍を乗り越え、現在では三代目となるビリケン像が、通天閣から人々の生活を見守っています。

年触れ続けて磨り減り凹んだビリケン像の足の裏

人々の生活に根ざした福の神

大きく突き出したビリケンさんの足の裏は、撫でるとご利益があると言われ、今日も大阪のシンボル的な神様として、多くの人が足の裏を撫でに通天閣を訪れています。
また、商店や民家にビリケン像が祀られていることも多く、手を伸ばせば届く距離にいつも居てくれる、身近な福の神として市民の 生活に根付いています。

ビリケンの商標を使用したラベルなどの印刷物